照明以外でも便利に使える「おしゃれ照明の活用シーン」とは?

照明以外でも便利に使える「おしゃれ照明の活用シーン」とは?

人の神経に直接働きかける効果がある「光」は、太陽の自然の光もあれば、照明のような蛍光灯で人工的に明るく照らす光もあります。どのような光であっても、その効果は非常に高く、照明から放たれる光の状態によっては、“居心地の良さを演出できる”こともあれば、その一方で、“暗い印象になってしまう”など、真逆の印象をもたらすことがあります。
夜間でも明るく居心地の良さを与えてくれる照明は、デザインにもこだわる「おしゃれ照明」を選ぶことで、太陽の光が照らす日中でも華やかな雰囲気を表現できるようになります。
そこで今回は、おしゃれ照明を使って、今よりもさらに居心地のいい空間を作り上げるための方法や、「おしゃれ照明の活用シーン」といった内容を中心に色々と解説させていただきます。
 

おしゃれ照明をより効果的に使う方法や活用シーンについて

エクステリアをより美しくコーディネートするためのツールとして効果的に活用いただきたいもの、それが今回注目している「おしゃれ照明」です。
おしゃれ照明は、照らすことを目的とした照明としての役割にプラスして、デザインにもこだわり作られた機器のことを指します。照明効果を使い住まいの雰囲気を華やかさにすることはもちろん、住まいのインテリアとして活用することでヨーロッパ風の住まいをイメージした雰囲気を作りだすことも可能です。
以下では、いま大人気のおしゃれ照明を「より効果的に使う方法」や「活用シーン」についてまとめています。

「光」を意識しておしゃれ照明を設置する
デザイン性の高さから人気が高まっている“おしゃれ照明”をより効果的に使うためには、先ず「」による効果を知ることが大切です。
光は、人の神経や心との関係が密接で、より良い使い方がされているとリラックス効果や集中力を高めるなど、さまざまな魅力的な効果が現れます。しかし、その一方で、気分が暗くなる、だるさを覚えるなど、光の使われ方が悪いことで、逆に肉体的にも精神的にも悪影響を及ぼす場合があるため注意が必要です。
このように、マイホームに照明を取り付けているにも関わらず「全体的に暗い感じがする」、「誰も暮らしていないような冷たい雰囲気が漂っている」といった状態のお家では、照明による光の使い方があまり良くないことが原因になっているのかもしれません。
おしゃれ照明は、本体のデザインが美しいことからインテリアとしても活用することができますが、やはり光の力を十分に生かした使い方をすることが重要です。
昼間はもちろん夜間でも明るく華やか、それでいて落ち着いた印象を演出するためには、照明の“照射角度”を工夫する必要があります。ライトが照らされる角度が広い方向を向いていると、せっかくの光が分散してしまい思うように玄関や表札を照らすことができなくなってしまいます。
一方、照射角度にこだわり作られたおしゃれ照明であれば、表札の文字がハッキリ見えるようになりますし、角度によっては表札の文字が浮かび上がっているかのように工夫することができます。夜間には表札の文字にグラデーションをかけるために、照明を少し左右どちらかに寄せることで照射角度を調節し、光が当たる場所に傾斜をかけるといった使い方も個性的で人気があります。

住まいの雰囲気に合ったデザインの照明を選ぶ
明るく周囲を照らせる照明であれば何でも良いと言ったわけではなく、一つのインテリアとして「住まいの雰囲気に合ったデザインの照明を選ぶ」ことが大切なポイントになります。
たとえば、レンガ素材などが使用されてレトロな感じをイメージして建てられた和風のお家であれば、昔ながらの“古く味わいある照明”を選ぶと雰囲気にバッチリ合っておすすめです。そして、欧米にありそうな昔ながらのクラシカル調のお家であれば、同じく“クラシカルなデザイン”が特徴的な照明を選ぶと大変おしゃれですし、昼間は可愛らしさが特徴的なインテリアとして、そして夜は建物を優しく包み込む優しさ溢れる雰囲気を作りだすことができます。
また、個性的ではあってもその存在を主張し過ぎない“シンプルなデザインの照明”であれば、和風のお家にも、洋風のお家にも自然と馴染ませることができます。
ご家庭によって住まいを建てたときのイメージが異なるため、設置する照明のデザインをお家の雰囲気に合わせることはとても大切なことです。雰囲気に全く合わない照明を選んでしまえば、その部分だけひどく目立ってしまうことにもなりかねないからです。
そのため、おしゃれ照明をより効果的に使うためには、家のデザインに合わせることはもちろん、全体を見渡して“統一感”を意識しながら照明選びをすることもとても大切なポイントになります。

「防犯対策」としても活用できるおしゃれ照明
おしゃれ照明と聞くと、明るく照らすことや見た目を華やかにすることに注目されがちですが、その他にもおしゃれ照明をより効果的に活用できるシーンがあります。
それが、おしゃれ照明を「防犯対策」として使うということです。
照明が効果的に使われていないお家では、夜になるとだれも家に居ないような静かで暗い印象を受けるようになるため、場合によっては泥棒に入られてしまう…といった最悪のケースも考えられます。
一方、おしゃれ照明を玄関先や住まいのエクステリアに使用すれば、いつでも明るく、人が暮らしている温もりを近隣住宅や近くを通りがかる人々に印象付けることができます。
最近のおしゃれ照明の中には、周囲の明るさに反応して明るさを自動調整する光センサーが付いている照明もありますし、人が近くを行き来するのを赤外線で察知してライトを点灯させるセンサーが付いている製品もあります。これなら、不審者に対しても威嚇ができますし、万が一自宅を不在にしていたときでも人の存在を印象付けることができます。

おしゃれ照明は転倒防止にも役立つ
可愛らしく絵になるデザインのおしゃれ照明は、ライトが照らす光にもこだわり作られたものがたくさんあります。
多くのご家庭では、夜でもくっきり見えるように表札近くに照明を設置していますが、照射角度に気をつけていないと特定の部分を明るく灯せないどころか、反対に暗い印象を持たせてしまう可能性があります。
しかしながら、おしゃれ照明であればデザイン性の高さはもちろん、光の効果も意識して作られた照明が多いことから、照明の光を必要とする場所を明るく照らして華やかさを演出することも容易です。
玄関先で多い事故が暗闇の中で“つまずいて転倒してしまった、“ものに足をぶつけてしまった”など、照明の暗さが原因になっていることが多いようです。そのため、このような事故を未然に防ぐためにも、必要な場所を明るく照らせるおしゃれ照明を効果的に使い「転倒防止」に役立てることを是非おすすめします。

屋外に設置するおしゃれ照明は耐久性と寿命の長さが大切!
おしゃれ照明をエクステリアの一つとして効果的に使用するなら、「耐久性」や「寿命の長さ」にも注意して選ぶようにしましょう。
なぜなら、屋外に設置する照明は雨や風、紫外線などに四六時中さらされ続けるため、耐久性が低ければ故障も多くなりますし、寿命が短ければすぐにまた新しい物に買い替えなければならなくなります。
雨や風にも耐えられる頑丈なボディーをした照明であることはもちろん、光源寿命が長く、電気代も安く抑えられる“LED”を使用した照明であれば、長く安定したパフォーマンスが期待できるはずです。
 

おすすめの商品

ロートアイアンと銅のクラシカルな風合いが味わえるナルディック シーラー・ランプです。
静かな夜に、玄関先で灯るランプに心も和みます。